メニュー

ホーム > 新着情報一覧 > 屋上展望デッキに長崎空港「幸せの鐘」を新たに設置しました。

屋上展望デッキに長崎空港「幸せの鐘」を新たに設置しました。

2016.10.02

== 長崎空港「幸せの鐘」 ==

 

長崎空港は、開港にあたり長崎と歴史的に深いつながりのあるオランダの教会をモチーフにしてデザインされ、ターミナルビルの内観はドーム天井、ステンドグラスを施し、外観はレンガ色、アーチ、オランダ教会の鐘を模した鐘楼を設けました。1975 年5 月世界初の海上空港として開港し41 年目を迎えた今も当時の面影を残し、その中でも鐘楼は他の空港にない長崎らしさの一つといえます。今回、新たに設置する教会をモチーフにしたモニュメントは、鐘を鳴らすことができます。

 

・鐘を鳴らす方に幸せがきますように

・鐘を鳴らす方が思う大切な人に幸せがきますように

・鐘の音を聞いた方に幸せがきますように

 

という願いを込めて、長崎空港「幸せの鐘」と名付けました。

 

また「幸せの鐘」は、長崎空港の鐘楼に加え、花文字山や飛行機、夕日などを背景に撮影できる新たな写真撮影スポットとしてもお楽しみいただけます。

 

長崎空港にお越しのお客様が、長崎の思い出づくりとして、また長崎らしさを感じていただけるスポットとして、多くの方々にご利用いただきたいと思います。

  • 12:00の点鐘式には、女子サッカーチーム大村チェリーズの皆さんにご参加いただきました。