経営方針

Management Vision

HOME > 会社情報 > 経営方針

中期経営計画(2021-2023)

■経営ビジョン/経営方針

経営ビジョン
「地域に貢献し、共に成長できる空港」
経営方針
「環境変化に対応し、強く生き残れる企業への成長」

当社は空港ターミナルビルという公共性の高い施設の運営を担う会社として、継続的に、安全・安心・快適な空港機能を提供し、社会の信頼に応えることで社会経済の発展や地域の活性化に貢献していく使命があると考えます。

新たな中期経営計画(2021-2023)では、経営方針に「環境変化に対応し、強く生き残れる企業への成長」を掲げ、航空需要を含めあらゆる環境変化に柔軟に対応できる強い経営体質の構築を進めることで、経営ビジョンである「地域に貢献し、共に成長できる空港」の実現を目指します。

■経営戦略/経営基盤

対処すべき経営課題を踏まえ、4つの経営戦略と経営基盤を設定しました。各戦略の主な考え方は以下の通りです。

経営戦略【経営基盤】 主な考え方
1.安全・安心・快適の追求【安全快適】 空港事業者である当社にとって「安全」は最も重要な経営基盤である。
安全・安心・快適を引き続き追求し、社会の信頼に応えていく。
2.お客様視点に立ったサービス【顧客第一】 新たな生活様式やお客様ニーズの変化への対応が必要である。
お客様の視点やニーズを捉え、全社の事業活動に活かしていく。
3.経営の強靭化に向けた事業展開【健全経営】 航空需要低迷時においても収益を確保できる体制を構築していくことが必要である。
生産性向上等による利益の最大化を図っていく。
4.社員満足度の向上【社員満足】 経営の源泉である社員満足を向上させ、社員が高い意欲と能力を発揮することで、
会社全体の品質向上を図っていく。

■重点施策

中期経営計画達成のため、以下の項目について全社を挙げて取り組んでまいります。

  • 1)感染症対策の徹底および自然災害への対応力強化
  • 2)お客様の声への対応・分析およびニーズ発掘と改善活動の推進
  • 3)デジタル・イノベーションプランおよび業務改革の推進
  • 4)新規事業の検討等、売上拡大に向けた事業展開
  • 5)社員満足度向上施策の充実および社内風土改革

※上記重点施策について、自社の力だけでなく、外部企業とも連携し変革を推進します

バリアフリーへの取り組み

バリアフリー法(高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律)第9条4・5・6に基づき、「移動等円滑化取組計画書」及び「移動等円滑化取組報告書」を公表しています。

「移動等円滑化取組計画書」(2021年度)

「移動等円滑化取組報告書」(2020年度)

「地域未来牽引企業」に選定されました

経済産業者が選考する、「地域未来牽引企業」に当社が選定されました。「地域に貢献し、共に成長できる空港」を目指して取組みを進めてまいります。

Copyright Nagasaki Airport Building Co.,Ltd.All Rights Reserved.